沖縄料理 レシピ

沖縄料理のレシピ

沖縄料理には独特なものがいろいろあります。
<スポンサードリンク>

 

沖縄料理は長寿の源

沖縄といえば、日本で一番長寿の県です。その秘訣は、バランスの良い沖縄独特の料理です。沖縄の食事は、長生きのためだけでなく、美容にとっても非常に効果的です。沖縄料理を取り入れることで、健康と美しさを手に入れることができます。

 

沖縄では、肉を1日に摂取する量は、1人当たり平均約90〜100gで、これは、全国平均のおよそ1.3倍だそうです。特に、「豚肉」がたくさん食べられています。沖縄の豚肉料理の特徴は、豚の全ての部位を使用することです。肉は、骨付きのまま使い、耳、しっぽ、足、血、内臓まで、料理に使用し食べます。

 

また、調理の仕方にも特徴があり、肉は、皮や骨などが付いたままで、じっくりと茹でます。箸で簡単にちぎれる程度まで茹でると、皮や骨などに含まれているコラーゲンは、ゼラチンに変わって、体内に吸収しやすくなります。コラーゲンは、皮膚や血管、骨などを強化してくれる働きがあります。

 

バルーン電報・ぬいぐるみ電報は、みんなが笑顔になるサプライズギフトです。お誕生日・結婚式・出産祝い・開店祝いetc・・・
さまざまなシーンで活躍するバルーンのギフト。大きくて目を引くし、会場全体が華やかになります。バルーンはとても可愛くて、あるだけでフェアリーでメルヘンな気分になってしまうまほうのアイテムですね。

 

豆腐も大切なたんぱく源となっています。沖縄県の豆腐の特徴は、水分が少なくて硬めです。そして、一般的な豆腐よりも、豊富な栄養素が含まれています。沖縄では、1人当たりの豆腐摂取量が1日約90gで、こちらも全国のおよそ1.3倍です。

 

さらに、緑黄色野菜も、全国平均のおよそ1.3倍摂取していて、普段から野菜不足に悩み青汁などを飲んでいる日本人の食生活とは一線を画しています。中でも、「にんじん」を最も多く食べているようです。また、沖縄は温暖な気候なため、1年中薬草や野草を利用しています。

 

昆布は、全国平均のおよそ1.5倍の購入量だそうです。一般的には、昆布は、だしの材料として利用しますが、沖縄では、昆布を煮物などに使用したら、それも捨てずに食べます。また、昆布と豚肉の組み合わせは、昆布から出ただしによって、豚肉がさらにおいしくなります。そして、豚肉の脂によって、昆布は柔らかくなり、旨みが増します。

 

沖縄の暖かさ、陽気さ、そしてゆったりとした人間性に魅力を感じ、最近では第二の人生として転職をして沖縄に永住を考えていらっしゃる方も増えています。沖縄は長寿県で知られていますが、そのおおらかな気性や、豊かな自然が育んだ沖縄の風土が長生きの秘訣になっているという方も多いです。そして、その中には沖縄の料理が一役買っているのかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

沖縄の豚肉料理

沖縄で肉料理と言えば「豚肉」です。しかも、頭から足の先まで、すべて食材として使用されます。そして、各部位によって、さまざまな料理の種類があります。チラガー(顔の皮)もミミガー(耳の皮)も、ビタミンB1とB2、コラーゲン、必須アミノ酸などが、豊富に含まれていて、健康と美容に効果的な食材です。コラーゲンドリンクの成分にも利用されています。

 

豚肉に含まれるビタミンB1は、加熱しても変化しにくく、さらに体内へ吸収しやすいです。また、豚肉を長時間煮込むことによって、余分な脂をカットし、トロトロでコラーゲンがたっぷり含まれた軟骨まで食べられます。

 

「ソーキ骨」は、豚の骨付きアバラ肉のことで、脂肪が多めなので、煮物やスープとして、茹でて調理することで、余分な脂肪分をカットします。また、長時間煮込むことで、肉がとても柔らかくなるので、骨が簡単にはずれ、子供さんやお年寄りも食べやすい食材です。それでは、このソーキ骨を使った「ソーキ煮付け(豚アバラ肉の煮付け)」(4人前) のレシピを紹介します。

 

まず、下ごしらえとして、たっぷりのお湯でソーキ骨を茹でて、お湯を一度捨てます。そして、水できれいに洗ったら、ザルに上げておきます。

 

1、だし汁6カップを鍋に入れて温めます。

 

2、1にソーキ骨800g、にんじん1/2個、玉ねぎ1/2個を入れて、ふたをして約1時間じっくり煮ます。

 

3、2に調味料(にんにく・しょうが各小さじ1、しょうゆ1/4カップ、砂糖1/4カップ、泡盛1カップ、みりん大さじ3 )を加えて味付けをして、さらに弱火で約30分煮ます。

 

4、箸がスーと通るくらい柔らかくなったら、完成です。

おすすめアイテム

ミネラルファンデーション
天然成分100%なので、肌に優しいミネラルファンデーション。
通常のファンデーションと違い粉でできているため、よれたりムラになったりしません。

 

 


 
Copyright (C) 2010 沖縄料理のレシピ All Rights Reserved.